オプション

データSIMがお得に使えるワイモバイルのシェアプラン(子回線専用プラン)

たまお
たまお
タブレットが余ってるんだけど、ワイモバイルで安く使える方法ってある。
けんた
けんた
「シェアプラン」を使えばお得にタブレットを使えるよ!

ワイモバイルにはシェアプランという、子回線専用のプランがあります。
このプランを利用すると、データSIMを格安料金で使うことができます。

空いているSIMフリータブレットを使いたい方などには、おすすめのプランです。

今回はシェアプランについて、詳しく紹介していきたいと思います。

シェアプランの概要

シェアプランのイメージシェアプランのイメージ

シェアプランは子回線用のUSIMカードを契約できるプランです。
親回線1つに対して、子回線(USIMカード)を最大3つまで契約することができます。

USIMカードはデータ専用SIMカード(SMS付き)のため、SMSはできるますが通話はできません。

利用できるデータ通信容量は、親回線と共有します。

シェアプランの料金と利用できるデータ通信容量

シェアプランの月額料金や利用できるデータ通信容量は、親回線の加入しているプランによって変わってきます。

親回線プラン基本使用料
(3回線まで)
通信速度低速化までの通信量追加料金
加入月加入翌月以降
スマホプランS980円3GB(※)2GB(親回線との合算)500円/500MB
スマホプランM490円6GB(親回線との合算)
スマホプランR490円6GB(親回線との合算)
スマホプランL0円14GB(親回線との合算)
データプランS980円1GB(親回線との合算)
データプランL0円7GB(親回線との合算)

(※)初月のみ、親回線とデータ共有なしで3GBを利用できます。
(※)ベーシックプランも上記同様となります。

あと通話はできませんが、SMSは以下の料金で利用できます。

SMS送信料 3円/通
SMS受信料 無料

 

シェアプランで利用可能なサービス

シェアプランでは以下のサービスを利用できます。

  1. 故障安心パックプラス
  2. ウェブ安心サービス
  3. 一定額お知らせメール
  4. 一定額ストップサービス
  5. 利用明細サービス
  6. ワイモバイルまとめて支払い
  7. 国際ローミング(世界対応ケータイ)

親回線契約時に同時申し込みした方がいい

シェアプランは親回線と同時加入しないと、USIMカードを追加するごとに契約事務手数料3,000円(税抜)が必要になります

シェアプランの申し込みをするのであれば、親回線申し込み時に申し込みをしましょう。
なお、現在はワイモバイルオンラインストアからシェアプランが申しこめないようになっているようです。

シェアプランはワイモバイルショップで申し込みをしてください。

まとめ

たまお
たまお
シェアプランはタブレット使うのにいいね!
けんた
けんた
そうだね。特にスマホプランLだと0円だから、使わない手はないよね

ワイモバイルのシェアプランを利用すると、空いているタブレットやスマートフォンを有効活用することができます。
シェアプランはデータ専用SIMを契約することになりますが、SMSも利用できます。

空きタブレットやスマートフォンを持っている方は、お得なのでぜひシェアプランを検討してみてください。